専業主婦でもOK?専業主婦でも利用できるカードローンとは

専業主婦にとって消費者金融からの借入はハードルが高い

消費者金融が行っているカードローンは、貸金業法に基づく貸付が行われているので、総量規制の影響を受けます。総量規制では、年収の1/3を超える貸付を原則として禁止しているので、本人に収入がほとんど無い専業主婦は、総量規制により貸付を受けられないことになります。
確かに、配偶者の同意書を消費者金融に対して提出出来れば、配偶者の収入で審査を受けることが可能です。しかし、配偶者には秘密にして借入を行なうケースが少なくない現状では、専業主婦にとって消費者金融からの借入を実質的に諦めなければならない状況となっています。配偶者の同意書を得る際の労力と夫婦間の力関係に影響が及んでしまうと、生活を送りにくいといった問題が発生するからです。

銀行カードローンならば審査対象となりやすい

専業主婦でも借入が可能なカードローンとして、銀行カードローンがあります。銀行が貸付を行なう際には、銀行法に基づく貸付となるので、総量規制対象外です。改正貸金業法が成立する前の消費者金融と同様に、専業主婦がカードローン申し込みを行なった際には、配偶者の同意なしに世帯収入で審査を受けることが出来ます。
総量規制対象外で低金利な銀行カードローンならば、返済時の利息負担が消費者金融よりも少なく、年収の1/3を超える借入も審査次第で可能です。すべての銀行カードローンで専業主婦が審査に通過するわけではなく、アルバイト・パート・専業主婦でも可能と明記されている銀行カードローンを選べば、審査対象として十分なり得ます。