銀行系?信販系?消費者金融系?奥が深いカードローンの特徴

銀行系でも消費者金融とつながっている!?

銀行系のカードローンは金利が低く審査も甘いといった印象がありますが、実は消費者金融が関わっていることがあります。大手銀行であっても有名な消費者金融が審査を行うことが珍しくありません。銀行に申し込む際にどこの消費者金融が関わっているのか、細かく見ていくと載っているので、申し込む前は銀行独自で審査を行っているのか、消費者金融に委託しているのか見極める必要があります。審査を気にしないのであれば消費者金融とつながってる銀行でも大丈夫ですが、審査に落ちるようであれば銀行独自の審査を行っているカードローンを選んで申し込んだ方が通りやすいです。銀行独自で行っているカードローンでも個人信用機関に照会するのは同じなので、過去に金融事故があると審査に引っかかり通らないこともあります。支払いの遅延程度であれば消費者金融とつながっている銀行よりは審査は甘めです。

クレジットカードを扱ってる信販系の方が審査通りやすい

信販系の名前が付いてる会社でも消費者金融と変わらないところと、クレジットカードとキャッシング両方を扱っている会社があります。審査基準が緩いのはクレジットカードを扱っている信販系です。万が一審査に通らない場合はクレジットのみのカードを発行されることもあります。消費者金融で審査が通らない場合は、信販系のカード会社に申し込んでみるという方法もあるので、諦めずに信販系に申し込んでみましょう。クレジットーカードのみでも支払いをきちんと行っていれば、キャッシング付きのクレジットカードにしてくれる会社もあります。限度額は最初低いですが、信用が得られれば額も増えてくるので、毎月の支払いはきちんと守るようにしていけば借り入れできる額も増えていきます。